ひと昔前はゲームやテレビはダメ、今は将来性UP!

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの『65%』は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
――キャシー・デビッドソン(アメリカ・デューク大学教授)

「あと10~20年程度で、アメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化される」
――マイケル・A・オズボーン(英国・オックスフォード大学准教授)

「2045年には、人工知能が人類の知能を超える転換点『シンギュラリティ』に到達する」
――レイ・カーツワイル(Google社機械学習・自然言語処理技術責任者)


これから子供たちが経験する未来は、今の親世代が経験してきた過去とはまったく違った未来です。
子どもたちの未来は、先行き不透明で、未来はどうなるかわかりません。
急速な情報化や技術革新は、私たちの生活を質的にもどんどん変化させています。
将来の変化を予測することが困難な時代だからこそ、必要なのは時代がどのように変わっても、物事の本質を読み解く「論理的思考力」をはじめ、未来を生き抜く力です。
プログラミングを学ぶことで、この「論理的思考力」をはじめ、さまざまな能力が身に付きます。

今の子供たちは新しい職業や仕事を作る世代です。
新しいものを作るためには新しい技術を使いこなす力、それがプログラミングから養われる能力です。
すでに海外の学校では、テストの際にスマートフォンやパソコンを持参し、自由に検索してテストを受けています。
なぜなら、日本の学校のように記憶力を試す問題は出さず、考える力を問うからです。
今、世界で求められているものは、記憶力ではなく、新しいものを発想し、そのアイディアを具現化し、新しいものを作れる人です。

AI(人工知能)やIoT(様々なモノがインターネットに接続されてコントロールされる仕組み)に代表されるように、これからの時代はますますデジタル社会になっていきます。
すでに世界中ではプログラミングが必修化されており、
2020年から、いよいよ日本でも小中学校でプログラミング教育が必修化されます!
最新情報では、大学に入るためのセンター試験に変わる新試験で2025年からプログラミングも試験対象になると見込まれています。
2018年7月時点で小学校6年生以下の子供たちが対象となります。

医療やスポーツ、農業や漁業など、あらゆる産業がIT化していく中で、プログラミングは全職業共有の基礎教養になります。
さらに、プログラミングによって身につく論理的思考などのスキルは、日々の生活に役立ち、さらに、将来プログラマーにならなくても、営業でも企画でも経営でも、どんな職種・分野でも必ず役に立つスキルです。
幼児期の1年は大人の6年に値するといわれるほど、子供の1年は大きな差を生みます。

今からこの時代変化に気付き、子供の未来の可能性を伸ばし始めている親御さんは非常に聡明な方で、お子様は何歩も先を歩めるようになります。





STEM教育とは?




諸外国におけるプログラミング教育




2020年度から小中学校でのプログラミング教育の必須化決定!




今後ますます拡大が予想される日本のプログラミング教育




子供に習わせたい習い事ランキング1位




プログラミング教育が必要な3つの理由




創造力を刺激するロボット組み立てと、論理的思考力を高めるプログラミングの両方を組み合わせたSTEM教育




プログラミングやロボットを学ぶことで得られること





●入学金(税別)
10,000円
※1回のお支払いで全クラス共通、理科実験コースは別途
※年会費・事務手数料などはございません。


●コース、レッスン料
●プログラミングコース


●ロボットプログラミングコース


※※ロボットプログラミングコース、アプリコース、マインクラフトプログラミングコース、ロボット&電子工作コース、動画&3Dプリントコース、プログラミング算数理科コースもございますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。



※レッスン時間に準備と片付けも含みます。
※記載や告知のない教材などの請求は一切ございません。




■プログラミングコース


●入門


●初級、中級、上級




■ロボットプログラミングコース


●初級


●中級、上級